10月の機械受注、4.5%減 企業の設備投資に慎重さ

印刷

   内閣府が2009年12月10日に発表した10月の機械受注統計(季節調整値)によると、設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」が前月比4.5%減の7045億円となった。3か月ぶりの減少だが、内閣府は基調判断を「下げ止まりに向けた動きが見られる」に据え置いた。設備投資に慎重な企業の姿勢がうかがえる。

   製造業は、電気機械関連からの受注が堅調。輸出の持ち直しで一部には設備投資を増やす動きも出てきたため、前月比25.4%増えた。一方、非製造業からの受注は17.3%減少した。消費の低迷などから投資に慎重なようだ。海外からの受注は15.3%増加した。

   機械受注は機械メーカー280社が受注した生産設備用機械の金額を集計。受注した機械は約6か月後に納入されて設備投資額に計上されるため、設備投資の先行きを示す指標とされる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中