「閣内不一致」に「首脳会談断念」 「迷走普天間」はもう理解不能だ

印刷

   米軍普天間基地の移設問題は深い霧の中に入ってしまったようだ。国外移転の夢を描く首相と県内移設による早期決着を説く外相という「閣内不一致」の構造に加え、県内移設断固阻止を掲げる社民党が声をあげ、大阪府知事の「関西受け入れ論」まで飛び出して、もう何が何だかわけが分からない。まさしく「パンドラの箱を開けてしまった」(江田憲司衆院議員)状態だ。

   鳩山由紀夫首相は、コペンハーゲンで2009年12月18日に開かれる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)首脳会合の際にオバマ米大統領と普天間問題について話し合いたい意向を示していたが、米国側にはその気がない。

現行計画にこだわる米国と「百家争鳴」の日本

険しい表情で会見にのぞむ岡田克也外相
険しい表情で会見にのぞむ岡田克也外相

   米国のギブズ大統領報道官は12月9日の記者会見で

「この問題は数週間前に話し合ったばかりだ(We did that like a couple of weeks ago)」

と会談実現に否定的な見解を述べ、鳩山首相も会談を事実上断念せざるをえなくなった。

   ギブズ報道官は同じ記者会見で、

「我々は日本の前政権と合意を結んでいる。その合意の履行について議論するために作業グループを設定したのだ(We have an agreement with the previous administration in Japan. We set up a working group to discuss the implementation of that agreement)」

と語り、あくまでも2006年の日米合意にもとづくキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)への移設を求めていく姿勢を鮮明にした。

   翻って日本をみれば、百家争鳴。岡田克也外相が嘉手納基地への統合案を提案すれば、社民党の福島瑞穂党首は連立離脱をちらつかせながら県外移設を迫る。国民新党から関西空港の活用案が出ると、大阪府の橋下徹知事が「話がくれば検討したい」と応じたりもした。

   鳩山首相の第一候補ともいわれるグアムを視察した北澤俊美防衛相が「日米合意から大きく外れる話だ」と否定的な考えを明らかにすると、社民党の重野安正幹事長が強い不快感を表明。北澤防衛相は平野博文官房長官から「軽率な発言」と注意されて、「全面的に否定したということではない」と釈明せざるをえなくなった。

「やせてない」と岡田外相は言うが…

   迷走を続ける日本政府に対して、米国側の不信感が強まっていると伝えられる。そのことについて岡田外相は12月11日の会見で

「(米国にとっては)約束が守られないとすれば、はたして信頼できるのかという話だと思う」

と危機感を示し、不信感を解くために「なるべく早く方針を決めるべき」と強調した。

   だが政府の方針が定まらないため、日米閣僚級の作業グループは中断に追い込まれており、作業グループを主導してきた岡田外相の苦悩は深いようにみえる。そんなことから会見では、日本テレビの情報番組「真相報道バンキシャ!」の記者から「最近やせたのではないか?」という質問も飛びだした。

「やせておりません、残念ながら。(体調も)まったく問題ありません」

と岡田外相は答えたが、その表情には疲労感が漂っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中