富士山遭難片山右京 「無謀」だったか議論白熱

印刷

   元F1レーサーで登山家の片山右京さん(46)と富士登山の途中で遭難し、行方不明となっていた会社員の男性2人と見られる遺体が2009年12月19日、静岡県警に発見された。登山の状況が詳細に報道される中、ネットでは片山さんが無謀でなかったか、を巡って議論が白熱している。

   行方不明だったのは片山さんの事務所スタッフ・宇佐美栄一さん(43)と堀川俊男さん(34)。宇佐美さんは片山さんのヒマラヤ登山に何度も同行した登山のベテランだった。

   3人は17日の朝6時ころに御殿場口から登り始め、同日夜にテントで宿営。片山さんは、この富士登山のあとに計画していた南極探検のための1人用テントを使用し、宇佐美さんと堀川さんは2~3人用の大きめのテントを使った。しかし強風にあおられ、2人がテントごと滑落してしまったという。

   片山さんは「自分1人では(2人を)下ろせないのが分かっていたので、いろんな状況を考えて(下山する)判断をしました」と下山後の会見で声を詰まらせながら語っている。

寒波が来るのを知らずに登った?

   こうした状況を受け「2ちゃんねる」の「登山・キャンプ・アウトドア板」では関連するスレッドが多くたてられ、片山さんの登山が「無謀」でなかったかどうかの議論がなされている。

   片山さんが保護された御殿場署の調べに対し「寒波が来るのを知らずに登った」と話していると報じられていることなどに関して、

「富士山くらい軽いと油断したのかも。事前の情報集めは重要なのに、それを怠ったのだから」
「事前に情報があれば早めの下山ができたかもしれない。装備も風対策が十分に出来たかも」
と、事前の行動や装備に不備があったのではという書き込みが目立つ。一方で、下山を決断した片山さんに対して「登山経験ある人間からすればもっとも最良な選択。1日待っていたら全滅だった」とする声や、

「無謀とは言えない。凍死や餓死ならともかく飛ばされて滑落だからな」
「本人の技術装備その他に問題が少なく、不可抗力的な事故だと山屋は分かってる」
といった具合に、どうにもならない事故だったと片山さんを擁護する声も多い。

   宇佐美さんのブログには、遭難していることが報じられてから「生きていると信じたい」「何とか奇跡を起こしてくれるようお祈りしています」と安否を気遣う書き込みが相次いでいた。片山さんのブログは、コメントは管理者の承認があるまで公開されないシステムになっているが、片山さんは「ブログ上の励ましの言葉に感謝しています」と話しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中