J-CASTニュースの買収 ひろゆき氏ライブドアに打診??

印刷

   「2ちゃんねる」元管理人の西村博之(ひろゆき)さんが、ライブドアのインタビューで、「J-CASTニュースを買収したらどうか」とライブドアに提案した。ライブドアは今後、個人やオピニオンのブログを充実し、新聞やテレビに対抗できる情報を発信する、としており、そんな戦略に対する発言だった。

   ライブドアは誕生10周年特別企画として、自社のサイト上に縁の深い10人のインタビューを掲載した。元社長の堀江貴文さんや、サイバーエージェント社長の藤田晋さん、アルファブロガーの小飼弾さんなどが登場、その中の一人が2009年12月25日付けで登場したひろゆきさん。今後のライブドアの戦略についても意見を述べた。

「ブログを新聞やテレビに対抗するメディアにしたい」

   ひろゆきさんは、ライブドアのサービスの中で評価しているものは何か、と質問されると、「livedoor Blog」を例に出し、技術力が高く、使い勝手が良いと答えた。そして、ライブドアはインタビューの中で、今後はブログ関連を一層強化していく、と語った。ブログ閲覧サイト「BLOGOS(ブロゴス)」 や「livedoor Blog」などを使って、個人やオピニオンが提供するニュースや情報を積極的に発信する。つまり、

「ブログを新聞やテレビにも対抗しうるメディアにしていこう」

   というのだ。ライブドア広報は、

「ブログをメディアとして位置付け、従来のマスメディアとはまた違ったニュースのあり方、情報発信の流れを創りたい。それによって、新聞やテレビの対抗馬になるのではないか」

   と説明した。

   するとひろゆきさんは、

「ライブドアはメディアになるんですか。だったらJ-CASTでも買収したらいいじゃないですか」

   と語った。ブログを書かせたり、収集したりする手間を考えれば「J-CASTニュース」を買収した方が手っ取り早い、ということのようだ。

   ひろゆきさんの提案に対し、ライブドアは、ブログのトラフィックは大きく、システムのASP貸しもしているためブログビジネスは重要だと反論した。

メディアの買収は難しい

   ひろゆきさんが語ったように、「J-CASTニュース」のような既存のネットメディアを傘下にすれば、ライブドアの発信力が増えるのは間違いない。本当に買収を考えているのだろうか。同社広報に問い合わせてみたところ、

「ネットメディアを買収するか、しないかについては、まだ何も決まっていません」

   ということだった。

   「J-CASTニュース」を運営するジェイ・キャストの蜷川真夫社長は、

「J-CASTニュースを評価頂いたとすれば嬉しいのだが、うちを買収したいと考えている会社があれば、逆に、私共が買収したいですね」

   と冗談混じりに「反撃」。仮に買収の話があったとしても、「メディアは極めて属人的なもので、機械的システムやブランドを買収するのとは勝手が違い、誰もが経営できるものではなく、ニュースに携わってきた社員が退社することなどが考えられるため、立ち行かなくなるだろう」と述べている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中