「らき☆すた」作者は男だった! ネット驚愕美水かがみ写真公開

2010/1/ 6 18:00

   大人気アニメ「らき☆すた」の原作者で漫画家の美水(よしみず)かがみさんの顔写真がニュースサイトに掲載され、「作者は男だったのか」といった驚きがファン達の間で広がっている。「らき☆すた」は女子高生の生活をほのぼのと描いた萌え系作品で、作者の名前からして、「美水さんは女性」と信じていた人が多かったからだ。

「らき☆すた」の主人公の部屋をみて泣き出す

「2ちゃんねる」には美水さんのアスキーアートが登場した
「2ちゃんねる」には美水さんのアスキーアートが登場した

   「アサヒコム」では、幸手市が「らき☆すた」の主人公一家4人を特別住民登録し、その住民票が販売された様子を報じた。作者の美水さんは市役所での特別交付式典に出席、町田英夫市長から特別住民票を受け取り、その様子が撮影され掲載された。

   「らき☆すた」は07年4月のテレビアニメ放送をきっかけに人気が爆発。同名の4コマ漫画が原作で、同年9月にアニメは終了した。しかし、人気は衰えなかった。単行本やフィギュアなど関連グッズはバカ売れし、続編がDVDでリリースされ、ゲーム化もされた。主要キャラの実家のモデルになった鷲宮町の鷲宮神社には「聖地巡礼」を目的にファンが殺到。アニメ化前の正月参拝客は9万人程度だったが、10年の初詣客数は三が日で過去最高の45万人になった。

   09年3月には幸手市が美水さんの旧居を改装。「らき☆すた」の主人公達の部屋を再現した「きまぐれスタジオ 美水かがみギャラリー幸手」が、有料で一般公開された。この家は、「らき☆すた」の主人公が暮らす家のモデルでもあった。公開は期間限定だったが、人気が高く期間を延長。現在も見学客が多く、訪れるファンの中には、あまりの感動で泣き崩れる人もいるのだという。

   こんな風に漫画家の美水さんの人気は高いが、なぜか、写真や映像がメディアに露出した例はなかった。どんな人物なのか詮索されたが、「美水かがみ」という名前自体は女性っぽく、「らき☆すた」の主要キャラの女子高生(柊かがみ)に似たような名前なので、「女性に間違いない」と思っている人が多かった。「らき☆すた」も、美水さんの女子高生時代の体験を盛り込んでいるのだろう、と考える人もいた。

   美水さんの顔写真が掲載されたのは、朝日新聞のニュースサイト「アサヒコム」の「マイタウン埼玉」(2010年1月4日付)。

FX業者が注目する、初めてのFXに向いている通貨

    少ない資金でスタートでき、国際通貨基金(IMF)も高い成長を予測する、伸び盛りの国が... 続きを読む

PR 2014/10/23

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

伝説のTVプロデューサーから愛のムチが飛ぶ

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

英会話がみるみる上達するというシャドーイングとは?

英語
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ