講談社、新型インフル本を自主回収

印刷

   講談社は2010年1月10日までに、7日発売した書籍『新型インフル禍の真犯人 告発! 死の官僚』の自主回収を始めた。

   著者は厚生労働省医系技官の村重直子さん。医学的に不正確で、誤った表記が多数あったといい、「結果として、村重氏の著書としては、タイトルもふくめて本意と違うものになってしまいました。著者の村重氏と話し合い、同書を可及的速やかに回収するという結論にいたりました」(同社学芸図書出版部)と説明している。既に同書を購入した人には、2月末までに同社から発売される予定の村重さんの新著と無償で交換する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中