iPhone使いフリーライター 小沢会見ネット中継に成功

印刷

   小沢一郎民主党幹事長が政治資金問題で検察から事情聴取を受け、直後にマスコミ向けに会見が開かれたが、その様子をいち早く伝えたのは、テレビではなく、フリーランスライターによるiPhoneからのネット中継だった。ボタン1つで簡単にできるといい、今後報道のあり方に大きな変化が起きる可能性がある。

   2010年1月23日、小沢氏が自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る問題で東京地検特捜部から事情聴取を受けた。聴取は14時から18時半まで4時間半にわたった。

通信環境さえ整えば中継可能

画質は悪いものの、小沢氏の音声は聞くことができる。
画質は悪いものの、小沢氏の音声は聞くことができる。

   その後、同日20時過ぎに都内で会見が行われた。会場となったホテルに報道陣が詰めかけたが、テレビ局各社が出席し、現場で数台のカメラが回っていたにも関わらず、大手キー局で生中継が放送されることはなかった。そんな中、リアルタイムで現場の様子をいち早く伝えたのがフリーランスライター、畠山理仁(はたけやま みちよし)さんによるネット中継だ。

   ネットを使った会見の生中継自体は、ニコニコ動画などでこれまでにも行われていたが、今回特徴的だったのが、一個人がカメラなどの撮影機器ではなく、iPhoneを使って中継をしたという点だ。

   中継は動画共有サイト「USTREAM」を通して行われた。同サイトからは09年12月にiPhone向けソフトがリリースされている。ダウンロードするとiPhoneのカメラからネット生中継ができるというもので、通信環境が整った場所でならどこでも利用可能。しかも無料だ。

   畠山さんは、会見が始まる少し前から中継を開始。動画を見ると、報道陣でごった返す様子がリアルに伝わってくる。約20分の会見も、一部途切れたもののしっかり中継。iPhone内蔵カメラのため画質は少々悪いが、小沢氏の音声はきちんと捉えているので、会見中継としては十分だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中