殺人罪の時効は廃止へ 法務省が骨子案を提示

印刷

   法務省は2010年1月28日、刑事訴訟法改正の要項骨子案を法相の諮問機関である法制審議会専門部会に提示した。殺人罪については時効を廃止し、その他の犯罪の時効もおよそ2倍に延ばす。2月にも審議会の答申をメドに、政府は3月の法案提出を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中