シー・シェパード今度はロケット弾 日本側3人軽症

印刷

   日本の調査捕鯨船団に対し、反捕鯨団体シー・シェパードの船から2010年2月11、12の両日にわたってロケット弾が発射され、日本側の乗組員3人が軽症を負ったことが分かった。

   監視船「第2昭南丸」のデッキにいた乗組員らが酪酸弾の飛沫を浴び、顔面などが腫れたという。このほか、ヘリを異常接近させたり、高速ゴムボートからスクリューを狙ってロープが投げ込まれたりした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中