牛丼値下げ合戦どこまで行く? 「松屋」「すき家」250円「吉野家」270円

印刷

   牛丼チェーンの値下げ合戦が激しさを増してきた。「松屋」と「すき家」は期間限定で並盛りを250円で、「吉野家」も270円で売り出す、といった具合だ。各社とも期間限定としているが、背景には値段を下げないと売れない、という実態があるようだ。

   「松屋」を展開する松屋フーズは、「牛めし」並盛りを2010年4月12日~23日の期間限定で、70円値下げして250円で売る、と4月5日に発表した。「新生活応援キャンペーン」として実施する。並盛りの他のサイズも70円引きとなる。

おいしさも向上させた

松屋も期間限定で250円に値下げ
松家も期間限定で250円に値下げ

   キャンペーンにともない、タレは化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使わず、米はコシヒカリにした。広報担当者は、「安くするだけでなく、おいしさを向上させていく」と話している。

   「すき家」を運営するゼンショーも4月9日~21日に都市部の百数十店で牛丼を30円値下げする。並盛りは250円となる。新規客を取り込むためで、広報担当者は、「サラリーマンや学生の多い店舗で実施し、お昼に牛丼を食べるという習慣のなかった層にも広げていきたい」といっている。一方、250円を通常価格にすることは「考えていない」としている。

   「吉野家」は4月7日~13日、牛丼を通常価格より110円値引きして並盛りは270円で売り出す。発表は3月31日。その後「松屋」と「すき家」が相次いで250円に値下げした形だ。これについて広報担当者は、「他社が250円にしたことでの影響は考えていない。牛丼業界にとってプラスの効果になればいい」と話している。

吉野家「価格競争に加わることは考えていない」

   09年12月にすき家と松屋が通常価格の値下げに踏み切った。これにより、すき家は、既存店の客数が12月は前年度月比15.9%増、10年1月は12.6%増、2月は17%増と増えた。松屋も09年12月の客数が6.7%増、10年1月は4.5%増、2月は5.1%増、3月(速報)は8.1%増と伸びた。

   一方、値下げをしなかった吉野家は09年12月の客数が20.5%減、10年1月は3.9%減、2月は13.6%減と苦戦している。4月7日からの値下げキャンペーンはこうした背景がありそうだが、広報担当者は「毎年春と秋に行っているキャンペーン。でも他社のように通常価格を下げて価格競争に加わることは考えていない」といっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中