大川興業総裁が外相会見デビュー 「堅物」の岡田氏を困らす

印刷

   お笑いパフォーマンスで知られる大川豊興業の大川豊総裁が、岡田克也外相の記者会見にデビューし、「堅物」の異名を取る岡田氏を困らせる一幕があった。

   大川総裁が出没したのは、2010年4月6日夕の会見。総裁は、米カリフォルニア州に特別の思い入れがあるらしく、「大臣はアメリカに行くと、カリフォルニア州を無視するが、それはなぜですか」と問い詰めた。これに対し、岡田外相は、困った顔をしながら、こう答えた。

「関心はありますが、タイトな日程で動きますので、具体的な案件がないと行く機会がないんです。機会があれば、西海岸に行ってみたい」

   なおも、総裁が食い下がると、岡田外相は、さらにしかめっ面になり、「タイトな日程ということなんですよ」と繰り返した。

   ただ、帰国するときに、東海岸ではあったが、リゾート地でもあるマイアミで1泊したことがあるという。それでも、外相らしく、「JICAの倉庫だけ見られました」と締めくくった。

   大川総裁は会見後、カリフォルニア州の現地でも活躍しており、ロサンゼルス・タイムズなどに取り上げられたこともあると胸を張った。話がかみ合わないほろ苦デビューになったようだが、他省庁の会見にも出始めたという総裁は、「質問者の割り振りは、この記者会見が一番いいですね」と話していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中