ソフトバンクがビクターとテイチク買収か 広報担当者は否定せず

印刷

   音楽事業参入を目指し、ソフトバンクが、日本ビクターの音楽子会社2社を買収する方向で最終調整していると、新聞各紙が2010年4月16日に報じた。

   買収するとされたのは、ビクターエンタテインメントとテイチクエンタテインメント。ビクターは、サザンオールスターズやSMAPなどを、テイチクは、石原裕次郎、和田アキ子などをそれぞれ著作権管理している。報道によると、ソフトバンクは、傘下に2社があるJVC・ケンウッド・ホールディングスと交渉しており、4月中にも買収を発表する見込みという。

   ソフトバンクの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、「当社が発表したものではありません」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中