鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱

印刷

   米軍普天間基地の移設問題が行き詰まりを見せ、「政治とカネ」の問題で民主党小沢一郎幹事長に対して「起訴相当」議決が出されたにもかかわらず、執行部の刷新や内閣改造を求める声は党内のごく一部にとどまっている。

「今、鳩山内閣に必要なのは、言い訳ではなく説明だと思っております」
「いかなる交渉をし、どんな壁にぶち当たり、現在の結果になったのか」

「やはり今、動くべきときだと判断しました」

   2010年5月6日、地元の横須賀市などで行った街頭演説で、このように基地問題への対応を批判したのは、2009年の衆院総選挙で初当選を果たしたばかりの横粂勝仁議員(比例南関東ブロック)だ。また、横粂氏は、

「民主党執行部の刷新を、総理・幹事長、現状の執行部の刷新を求めていきたいと思っています!」

と、鳩山由紀夫代表と小沢一郎幹事長の辞任を求めた。また、支援者から

「あの2人(鳩山氏と小沢氏)、クビ切らんといかん」

と声をかけられると、

「そのお声が一番強いんですよねー」

と応じていた。

   横粂氏と言えば、10年3月の生方幸夫副幹事長(衆院千葉6区)の「解任騒動」の際、テレビ朝日のカメラに対して

「3人の秘書の方が逮捕され、それによる説明責任というものが国民の皆様から求められており…」

と小沢幹事長批判を展開していたところに、小沢氏と近いとされる萩原仁衆院議員(大阪2区)が

「横粂!あかん!こっち来い!」

と、インタビューを無理矢理中断させたことが記憶に新しい。それでも執行部に対して抱いていた思いは変わらなかったようで、5月5日夜には、ブログに「民主党を想う」と題して、

「民主党に対するご期待、政権交代に託された想いにお応えできないような現状であれば、私は声を上げる覚悟です」
「若き志と信念だけでは解決できず、知恵と経験に裏打ちされた『実行力』が必要な場面があることも認識しています。単純な大衆迎合主義の危険性も認識しています。しかし、それらを認識した上で、やはり今、動くべきときだと判断しました」

などと決意を綴っている。翌朝の街頭演説で、それを実行に移した形だ。

生方議員は内閣改造求める

   前出の生方議員も、政権や執行部批判を強めている。5月7日のTBS系の情報番組「ひるおび!」の中で、山岡賢次国会対策委員長(衆院栃木4区)が「普天間というのは何か雲の上のお話」と発言し、直後に謝罪・撤回した問題について、

「『政治とカネ』も普天間も、政治の信頼の問題。そういう認識があれば、このような発言にはならなかったのでは」

と批判する一方、普天間問題については

「残念ながら打つ手が後手後手に回っているのは間違いない。内閣官房が機能していない」

と政権を批判。

「ここまで来たら、内閣を改造するといった手を打ちながら、内外に向けて『こう変えて、こういう体制で臨みます』としないと、なかなか今の体制で同じことをやっても、同じ結果しか出ないと思う」

と、内閣改造すら求めた。

   仙谷由人国家戦略相や前原誠司国交相などの、いわゆる「七奉行」を除けば、表だって党執行部や政権の批判を展開しているのは、上記の2議員が目立つ程度で、他は慎重に事態を見守ると言った感じだ。

   手塚仁雄衆院議員(東京5区)は、5月6日のブログで、普天間問題について

「政権の浮沈をかけた取り組みを緊張感をもって見守りたいと思っています」

と述べる一方、三村和也衆院議員(南関東ブロック)は、5月2日にツイッターで、

「テレビでは小沢vs前原の構図で高速料金迷走を煽っている。テレビは政局と見ると何度も何度も大きく取り上げるから、政治サイドはむしろそれを上手く利用しないといけない。小泉元総理のように、上手く」

と、党内対立についての警戒感を表明している。

   なお、小沢幹事長は5月7日に宮崎市内で会見し、辞任の考えを改めて否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中