ヤフオクで「僕を売り飛ばします」 「探偵ファイル」元編集長の就活

印刷

   ヤフーオークションを自分の就職活動に使う人が登場した。有名サイト「探偵ファイル」の元編集長が、自身の個人事業を譲渡する「交渉権」を出品、交渉が成立すればその企業に就職するのだという。ネット上ですぐ話題になり、質問欄には「なぜ普通に就活しないの?」といった疑問が大量に寄せられている。

   ヤフオクといえば、これまでにも度々変わったものが出品されてきたが、2010年5月7日にかけられた「商品」はちょっと変わっていた。「個人事業『大住有』の事業譲渡に関する優先交渉権」だそうで、出品者は大住有さん本人。「平たく言えば僕を売り飛ばします 正社員待遇での入札をお願い致します」と説明している。

5日間で122万円まで高騰

価格高騰中の大住さん。
個人事業「大住有」の価格が高騰中。

   大住さんは、人気情報サイト「探偵ファイル」の元編集長。ミミズハンバーグを作って食べたり、心霊スポットでピクニックしたりと、身体を張った過激な企画で、ネットではちょっとした有名人だった。

   ヤフオク出品のために、大住さんが作った特設サイトによれば、08年10月に探偵ファイル編集部を辞め、今回の出品も就職活動の一環だという。

   ただ、「自分」をそのまま出品するのは問題があるようで、出品されているのは、あくまで個人事業である「大住有」(個人事業開業届提出済み)譲渡についての「交渉権」。落札者と条件などを交渉し、双方合意に至れば取引が成立。大住さんを正社員として雇うことができる。

「お互い納得できる形であれば本気で就職します」

   不成立の場合は、手数料を差し引いた金額を返金する。また、希望があればブログで入札者の企業やHPの紹介を行う。宣伝をかねた入札なども受け付ける。

   開始価格は1円だったものの、5月11日16時現在までに361件の入札があり、122万3000円にも高騰している。締め切りは13日だ。

「どうか運営に目をつけられませんように!」

   この出品はネット上で話題となり、オークションページには大量の質問が寄せられた。「普通に就職活動しないんですか?」という質問には、「普通の就職活動も行なってます!しかしネタでなくこちらも本気の就職活動です!」と回答。WEBディレクター系の職種を中心に受けているが、落ちているという。「接客業はできますか?」といったものも寄せられている。

   一方で、「違反通報しました」という人もいる。ヤフオクで就活とはかなり異例だ。2ちゃんねるには「ヤフオクで人身売買」と書き込まれた。大住さんも「ちゃんと人間じゃなく『交渉権』を出品してある」としているが、「どうか運営に目をつけられませんように!」と心配もしているようだ。

   ヤフーの担当者によると、大住さんの出品は「特に人体を売るとかではないので、ガイドラインには違反しません」。現段階では削除しない方針だという。

   ただ、

「オークションに出品すると、出品者には落札価格の5.25%が手数料としてかかります。また、出品するのはあくまで優先交渉権で、取引不成立の場合は返金することなど、大住さんがそこに書いてあることをやってくれるよう、メールで注意喚起する予定です」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中