鳩山首相の「ハデシャツ」 「胸くそ悪い」と海外で悪評

印刷

   普天間米軍基地問題の迷走で、海外メディアから手厳しい批判を浴びていた鳩山由紀夫首相が、今度はファッションでも評判を落としている。会合で着ていたカラフルなシャツが、米国で「時代遅れで最悪の服装」などと報じられ、海外のネットユーザーたちも「胸くそ悪い」「公式の場でこれはダメでしょ」などとコメントしている。

   話題になっているのは、鳩山首相が2010年4月、支援者を官邸に招いて「リアル鳩カフェ」を開催したときに着ていたシャツ。赤、黄、緑、紫、青の5色から成るチェック模様が入ったカラフルなもの。サイズが大きめなのか、肩幅も合っていないように見える。

首相のファッションは「犯罪」レベル?

   国内では『週刊朝日』の4月23日号で、ファッション評論家のドン小西さんが「ワーストドレッサー早くも決定!」などと酷評。これを受け、米CNNは5月12日付けで「日本の首相が服装で集中砲火」と報じた。

   記事には、小西さんが再び登場し「80年代か90年代風の服装」とコメント。下落する支持率が示すとおり、考え方が時代遅れで古いことがわかるとした。また、鳩山首相の「ファッション犯罪歴」は今回始まったわけではなく、以前着用していたハート柄や多彩色のシャツも批判している。東京在住のコンサルタントも「こうしたことに注目が集まるのは、メディアや国民が首相の政策実行能力を見限ったから。国民はもはや首相の政策に関心を持っていない」とコメントした。

   ネットメディアの中には、「The Worst-Dressed Politicians(最悪の服装の政治家たち)」という企画で、鳩山首相のシャツ姿を、作業着を着た金正日北朝鮮総書記や、「お母さんのジーンズ」を穿いたオバマ米大統領などと一緒に紹介しているものもあった。

「きっとこれは彼の風変わりな奥さんが着せたんだよ」

   海外メディアから酷評されている鳩山首相のファッションだが、ハフィントンポストなどのネット記事には多数のコメントが付いている。「自分はこのシャツ好きだよ!彼は創造的で愉快な人なんだ」といったものもあるが、

「胸くそ悪い服装だ」「まるでルービックキューブ」
「カジュアルな場ではいいけど、公式の場でこれはダメだな」
「目がああ、目がああ!」

といったネガティブなものがほとんどだ。

   また、「この人って奥さんが超能力者の人だよね?」というものもある。

「きっとこれは彼の風変わりな奥さんが着せたんだよ」
「結構前にも似たようなことがあったよ。彼の奥さんがUFOに乗って旅行したと言ったり、毎朝太陽を食べていると言ったり」

   鳩山首相の妻、幸夫人は海外でも有名なようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中