人気絶頂「ヱヴァ」より「イデオン」 坂井真紀の呼び掛けに賛同者続々

印刷

   劇場公開されたアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のDVDとBlu-rayがバカ売れし、アニメ史上最高記録に到達しそうな中、ネットでは30年前にテレビ放送されたアニメ「伝説巨神イデオン」のほうが「ヱヴァ」より上ではないかと騒ぎになっている。きっかけは女優の坂井真紀さん(39)が「ツイッター(Twitter)」で、「イデオンは色あせない、エヴァどころじゃない」と発信したことだった。

   「イデオン」は1980年5月から東京12チャンネル(現・テレビ東京)系で放送された。監督は「機動戦士ガンダム」の富野喜幸さんで、「ガンダム」で成功した直後の作品だったことも話題になった。

「エヴァは、庵野監督流のイデオンリメイクだ!」

   無限のエネルギー「イデ」を巡る争いを描いたロボットアニメで、バイオレンスシーンが多く、主要キャラの死も描かれたため、ストーリー展開に賛否両論が出て、視聴率が低迷し、関連グッズ販売も不振となり39話で打ち切られた。しかし、熱烈なファンを獲得していたこともあり、82年7月にはTVのダイジェスト版と新作を加えた映画が劇場公開された。

   その「イデオン」は今年で30周年。坂井さんは2010年5月21日に「ツイッター」で、

「イデオン30周年で対抗して行きましょう。これだけ好きな人がいるのであれば、もっと大きな動きにできるはずです」

とつぶやいた。

   そして大ヒット爆進中の「エヴァ」と比較。「イデオン」は30年経っても色あせない作品で「エヴァどころじゃないですねー」。そして、「エヴァは、庵野監督流のイデオンリメイクだ!」という分析までしてみせた。

   これに対し、「イデオン見てると正直ヱヴァが霞んで見えます。ファンの人には悪いけど」というリツィートがあり、坂井さんは「はげしくどうい」と賛同。多くの打ち返しがあったことに気をよくしてか、

「団結して、もっと(イデオンの素晴らしさの伝達を)大きな動きにしていくべきだ」 と呼び掛けた。

「30周年のイベントはありません」と制作会社

   掲示板「2ちゃんねる」にもこれが飛び火し、坂井さんのツィートについて様々な議論が展開された。2010年5月26日になっても書き込みが続いている。そこには、

「坂井真紀からイデオンが出てきたか。なんだかすごいな」
「イデオンはいい。ああいったグチャグチャでドロドロなのを富野は作るべき」
「前から興味はあったんだ。見てみるよ、ありがとう」

などと書き込まれている。

   「イデオン」は今年でテレビ放送から30周年。イベントや記念のBlu-ray版が出てもおかしくはない。制作会社のサンライズに今後の「イデオン」の企画を問い合わせてみたところ、坂井さんの「ツイッター」での発言がネットで話題になっているのは知っているが、ここずっと「イデオン」関連の商品に動きがなく、「30周年関連の企画は考えていない」ということだった。仮にこれから「イデオン」が盛り上がったとしても、単体のイベントを組むことは難しいのだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中