20代女性の6割が「猫背」  「外反母趾」や「むくみ」と関連

印刷

   20歳代女性の6割が「猫背」だと自覚していることがスポーツ用品会社の調査でわかった。しかも40、50歳代を大きく上回っている。若い女性が「猫化」しているのはなぜか。

   スポーツ用品を販売するエバニュー(東京都江東区)は全国の20~59歳の男女500人を対象に、姿勢に関する意識調査を行った。「自分自身の姿勢に対して、どのような印象を持っているか」と尋ねると、もっとも多かったのは「猫背」で57.8%。性別、年齢別では20歳代女性が64.6%となり、30歳代女性(60.0%)、40歳代女性(47.7%)、50歳代女性(47.7%)を上回った。

「外反母趾」や足の「むくみ」が出る

若い女性が「猫化」している?(写真はイメージ)
若い女性が「猫化」している?(写真はイメージ)

   また、「日常的に使用する機会の多いシューズの種類」を聞いたところ、「ヒール・パンプス」と答えた女性は118人で、女性全体の51.3%を占めた。年齢別では20歳代女性が70.8%ともっとも高い。猫背が多いことと関係があるのだろうか。

   日本ウォーキング学会会長で、東京学芸大学 健康・スポーツ科学講座健康科学分野・池田克紀教授は、

「現代人の体のトラブルやきれいな姿勢が維持できないことの原因の1つは、靴やアスファルトが引き起こす体のズレです。ハイヒールやビジネスシューズは靴底が硬く、かかとが高いため、不自然に体がゆがめられ、体は悲鳴をあげているはずです」

とコメントしている。

   猫背はさまざまなトラブルを引き起こすようだ。前出の調査で、猫背でない人よりも「外反母趾」や足の「むくみ」の割合が高く、足のトラブルがない人は少なかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中