荒井国家戦略相 事務所費架空計上の疑い

印刷

   荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が、東京都府中市の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届け、事務所費を架空計上した疑いがある、と読売新聞が報じた。

   届けていたのは2002年11月から同後援会が解散した09年9月までで、その間の政治資金収支報告書には事務所経費として約4222万円を計上している。

   これに対し、民主党の細野豪志幹事長代理は2010年6月9日に会見を開き、「収支報告書の記載はすべて正しい」と反論し、知人宅は郵便物を受け取る場所だったと説明した。荒井氏本人も同日「収支報告書をチェックしてみたが問題はなかった」と説明したが、事務所の実態については答えていない。

   事務所費を巡っては、家賃や光熱費のいらない議員会館に事務所を置いているのに、事務所費を計上していたのはおかしいとして、故・松岡利勝氏らが追及された。こうしたこともあり、自民党などからは荒井大臣の辞任を求める声が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中