「完全に春日のトゥースです」 ネットで話題の自民・谷垣ポスター

印刷

   奇抜なキャッチフレーズやコンセプトで注目を集めることもある政党のポスターだが、今回も例外ではないようだ。早速、ネットで話題になっているのが自民党の谷垣禎一総裁のポスターのポーズ。お笑い芸人「オードリー」春日の「決めポーズ」にソックリだというのだ。

   自民党は2010年6月10日、参院選向けの政治活動ポスターを発表した。ポスターの一番上の部分に「1 いちばん。」と書かれたキャッチフレーズを配し、その下には、人差し指を突き立てた格好をした谷垣総裁が写っている。色は、白地に緑・オレンジの2種類。

「日本には1番のものがたくさんある」

ポスターの発表会見に臨む谷垣禎一総裁(「LDP Channel」より)
ポスターの発表会見に臨む谷垣禎一総裁(「LDP Channel」より)

   この日開いた会見で、小池百合子広報本部長は

「日本には1番のものがたくさんある。ものづくり、科学技術、長寿…。これまでも1番であったことを、これからも1番でありつづけられるようにする」

などとコンセプトを説明。谷垣総裁も、

「菅直人さんが『最小不幸社会』ということを言った。なんか縮み志向みたいに見えるんですよ。昔から『最大幸福』というのはあっても、『最小不幸』というネガティブなキャッチフレーズをかかげられたのは、あの政権にふさわしい。我々は縮むんじゃなくて伸びるイメージ。それでたまたま、菅さんが『最小不幸』と言われた。なかなか、うまくかみ合うんじゃないか」

と、民主党を皮肉りながらアピール。小池氏も、蓮舫行政刷新担当相の事業仕分けでの発言を念頭に、

「『2番』にはしたくなかったですね」

とダメ押しした。

ポーズは小池広報本部長の主導で決まる

   このポスター、記者からは「わかりにくい」と不評の声が上がっていたものの、ネット上では、ちょっとした話題をよんでいる。

   谷垣総裁のポーズが、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(31)の決めポーズ「トゥース!」に似ているというのだ。確かに右手の人差し指を突き立てるという点では共通しており、早速「2ちゃんねる」上には

「自民党の新ポスターがひどい」

というスレッドが立ち、

「完全にトゥースです」
「迷走ってこういうことを言うんだな」

といった声が寄せられている。

   自民党の広報戦略局では、「トゥース」に似ている件については、

「そのようなことは初めて聞いた」

と困惑しながらも、ポーズが決まった経緯については

「小池(広報)本部長の主導で、広報本部や広報戦略局の中で議論をして決めた」

   と説明。朝日新聞では、「谷垣氏が最近の街頭演説で多用しているポーズ」と説明されているが、ポーズにどのような狙いがあるかは、必ずしも明らかになっていない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中