「iPhone4」予約に長蛇の列 どれほどの「優れもの」なのか

印刷

   多機能情報端末「iPad」発売の余韻が冷めない中、今度は新型アイフォーン(iPhone)の予約受付が始まった。受付初日、販売店には朝から大勢の人が詰め掛ける一方、オンライン受付はアクセスが殺到して一時パンク状態になってしまうなど、人気は相変わらずだ。 果たしてどれほどの「優れもの」なのか。

高画質、高解像度のディスプレーが売り物

アイフォーン人気は健在
アイフォーン人気は健在

   アイフォーン4の受付は2010年6月15日、午後5時に始まった。東京・銀座にあるアップルの直営店をはじめソフトバンク、家電量販店には申し込みに訪れた人の長い列ができた。ソフトバンク広報に聞くと、同社の表参道店には午後5時の時点で270人が行列をつくっていたという。申し込み受付の対応は、閉店時間の午後9時まで続いた。

   ソフトバンクモバイルのオンライン予約も、予約開始時から接続しにくい状態。スタートと同時にアクセスが殺到したためで、「システムダウンではない」(ソフトバンク広報)という。実は米国でも、日本と同様に予約受付開始直後から受付サイトがつながらなくなってしまった。

   アイフォーン4では何が変わるのか。従来機の「アイフォーン3GS」との相違点で注目されているものの一つが「網膜ディスプレー」と呼ばれる高画質、高解像度のディスプレーだ。解像度は3GSの4倍で、ウェブやメール、電子書籍などの文字を見るうえで、鮮明さが格段にアップした。ソフトバンクの孫正義社長も、米国で開かれたアップルの開発者向けイベントに出席してアイフォーン4を実際に手にし、文字表示の美しさを絶賛している。

   3GSにはなかったのが、「フェースタイム」というビデオ通話機能。アイフォーン4にはカメラがディスプレー側と背面に付いている。同じ機種を持っている相手となら、Wi-Fi(無線LAN)環境での接続を条件に、ディスプレー側のカメラで自分の顔を写していれば相手が通話中にその顔を見られるので「テレビ電話」となる。背面カメラで、電話中に別の映像を相手に流すこともできる。

「そうだな!我慢して、次世代機だ!」

   ほかにも、カメラの解像度アップ、暗い場所での撮影を可能にするLEDフラッシュの搭載、バッテリーの駆動時間の改善など、追加されたりアップグレードされたりした機能は多い。基本ソフト(OS)も新しくなった。

   ツイッターでは、孫社長が6月8日に「iPhone4最高!! スゴイ!! 待てないねーっ!!」と呟いたほか、歌手の浜崎あゆみさんも「間違いなくげっとんしたいー」と入手を匂わせ、孫社長に「iPhone4の情報、激しく求む!!」と依頼している。

   「2ちゃんねる」を見ると、予約した人たちのコメントが並ぶ中で「画質が良くなった→3GSでも十分いいです」「何か次世代機に良さが見出せない」「そうだな!我慢して、次世代機だ!」といった「買わない宣言」も見られる。

   MMD研究所が6月14日に発表した調査によると、スマートフォンの購入を検討している人のうち、アイフォーン4と答えた人が61.5%に上り、2位「Xperia」の24%を大きく引き離して首位となった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中