国の債務超過額317兆円 国債発行かさむ

印刷

   日本の2008年度の「債務超過額」が前年度に比べて34兆6910億円増えて、317兆4370億円に上ることが、財務省の「国の財務書類」でわかった。財務省が08年度末時点の国の資産と負債の状況について、貸借対照表を使って企業会計のようにまとめ、2010年6月25日に公表した。負債が増えたのは、国債の増発などのためだ。

   資産は07年度末から30兆2690億円減って、664兆7620億円。円高による外貨建て資産が目減りしたことで、現金・預金が8兆2360億円減の23兆6670億円、有価証券が5兆4090億円減の99兆3100億円となった。政府系の住宅金融支援機構などへの貸付金も27兆1780億円減って、162兆9950億円となった。

   負債は同4兆4220億円膨らんで、982兆2000億円となった。政府の借金にあたる政府短期証券は15兆4360億円増えて88兆4830億円となったほか、国債などの公債は5兆5610億円増の681兆2500億円となった。

   また、独立行政法人や特殊法人を含めた「連結」ベースでは、資産が772兆350億円、負債が1086兆2950億円で、負債額が1000兆円を超えた。債務超過額は314兆2590億円だった。

   政府は景気対策などのため、09年度も国債を増発している。国の債務超過額がさらに膨らんでいると思われる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中