TBSディレクター起訴猶予に 「社会的制裁受け反省」

印刷

   イギリス人女性死体遺棄事件の容疑者が乗った車の前に立ちふさがったとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されたTBS情報制作局の男性ディレクター(30)について、千葉地検は2010年7月1日、起訴猶予処分にしたことを明らかにした。

   男性ディレクターは09年11月12日、千葉県市川市の県警行徳署の前で取材中、移送車取材を制止した警察官を振り払うなどしたとして逮捕された。不起訴の理由について、千葉地検は「社会的に制裁を受けていて、反省もしている」などと説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中