JA徳島市 個人情報1万6500件流出

印刷

   徳島市農業協同組合(JA徳島市)は2010年7月4日、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、組合員や役職員の個人情報がインターネット上に流出したことを発表した。流出したのは、06年3月31日時点の組合員(脱退者含む)1万5660人分の氏名や住所などの個人情報と、06年6月1日までの役職員(退任・退職者含む)849人分の報酬の情報。同組合によると、4日時点で情報の不正使用などは確認されていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中