角川書店 「表現流用」で小説絶版・回収

印刷

   角川書店は2010年7月5日、葵ゆうさんの小説「ユヴェール学園諜報科」シリーズ(角川ビーンズ文庫)の2作品中に他作品からの表現の流用があったとして、絶版・回収すると発表した。また、8月1日に刊行予定だったシリーズ最終巻の刊行中止も決めた。

   流用があったのは、同シリーズの「一限目は主従契約」と「生徒会長と二限目を」の2作品。同社ウェブサイトで葵さんは、「作家として最もやってはいけない行為に及んでしまった自分の短慮を、今では深く反省しております」と流用を認めたうえで謝罪し、今後の作家活動は白紙にするとした。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中