父親は大企業会長の山本優希 仰天ワガママ告白でブログ炎上

印刷

   「ヒー君」が全部ワガママをかなえてくれる――。大企業会長の父親をこんなふうに呼ぶ人気モデルの山本優希さん(23)が、テレビで奔放な生活ぶりを告白した。その内容が気に触った人も多かったのか、ブログが炎上している。

   山本優希さんは、雑誌の読者モデルを経て、女性ファッション誌「JELLY」の専属モデルとして活躍。最近は、テレビへの露出も増やしている。

父親に高級シャンパン30本をねだる

番組での発言を釈明
番組での発言を釈明

   ブログ炎上騒ぎまでなったのは、2010年7月14日夜出演の番組だ。TBS系で放送されたトークバラエティ番組「イチハチ」で、「わがまま女芸能人」8人の1人としてゲスト出演した。

   司会の浜田雅功さんは、優希さんのエピソードとして、映画を観に行くのに、38度の熱が出た友だちをわざわざ連れ出したことを紹介。浜田さんが、映画館で寝てもいいというのなら家で寝ていた方がよかったと言うと、優希さんは、こう反論したのだ。

「だったら最初に電話に出なきゃいいんですよ」

   浜田さんが、逆の立場だったらと突っ込むと、「行くわけないじゃないですか」と突っぱねた。

   また、優希さんが大企業会長の父親におねだりしているという、マネージャーの証言も紹介された。それによると、友だちの誕生日プレゼントとして1本4、5万円の高級シャンパンを30本買ってもらったり、友だちとのパーティー用に高級レストランを一晩中貸し切りにしてもらったりした。

   父親のことは友だちのように「ヒー君」と呼んでいると言って、出演者らを再び驚かせた。

   さらに、スタッフにさえ、ワガママを言うというのだ。仕事について、目の前で「まじ長え」などと言い、それでも通用しないと、友だちに電話して「あと15分ぐらいで終わるから」などと言って終わらせるように仕掛けると明かした。こうした仰天告白ぶりで、番組では、わがまま女芸能人として2番手に選ばれた。

なのに「お小遣いもらっていない」

   テレビ出演後、その内容が刺激的だったこともあって、山本優希さんのブログには、批判的なコメントが次々に寄せられた。

   「スタッフの方々に迷惑を掛けて平気なのはプロとは言えませんよね」などと書き込まれ、炎上状態になっている。しかし、批判的内容は次々に削除され、残っているのは激励のコメントばかりだ。

   優希さんは、番組内容を気にかけており、ブログで、その発言について説明した。

   「今回のテーマ酷かったでしょ?笑」と切り出し、ワガママをこう認めた。

「自分で見ていても凄いドン引きだったッ ありゃ自分でも凄いなぁーって」

   ただ、打ち明けたことのなかった本音だとしたり、「テレビはテレビ………ご了承下さいませ」と明かしたりしている。

   発言は、どこまで事実なのか。

   所属事務所ニュースタイルプロダクションのマネージャーは、こう説明する。

「優希は、事実でないことは番組でしゃべっていません。しかし、テレビですので、面白く話しているプラスアルファの部分もあります」

   素顔の優希さんは、セレブの世界を見てはいるが、同世代のギャルと同じような生活をしているという。

「豪遊はそんなになく、高いご飯を食べているわけではありません。ファミレスや中華料理店にもよく入っているんですよ。パリス・ヒルトンを目指しているわけではなく、地のままで生きています」

   また、礼儀正しいともいう。「お母さんのしつけが厳しかったので、仕事でも、関係者に気に入ってもらっています。愛嬌がありますので、現場の受けはいいんですよ」

   さらに、父親からもお金をもらっていないというのだ。「お小遣いでなく、遊ぶのを我慢して、自分のお金でやっています。3、4年前にJELLYの専属になってからも、『今月は苦しいです。仕事ないですか』と私にメールも来ました」

とすると、番組の仰天生活ぶりはなんだったのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中