「iPhone 4」OSバージョンアップ アンテナ表示改善

印刷

   米アップルは米国時間2010年7月15日、多機能携帯電話「アイフォーン(iPhone)」向けの基本ソフト(OS)のアップデート版となる「iOS 4.0.1」をリリースした。電波受信の信号強度を示す「アンテナバー」の表示本数を決める計算式が改善されたもの。

   アイフォーン4では、電話機の側面左下にある黒い線上の部分を隠すように持つと、電波受信に障害が出るとの報告が出て問題視されている。アップルは7月2日、電波の受信状態を示すバーを何本表示するかを決める計算式が間違っていたとして、「修正した数式を組み込んだ無料ソフトウエアアップデートを実施する」と公式に発表していた。

   今回のOSは、アイフォーン4のほか、アイフォーン3GSやアイフォーン3Gに対応する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中