絶版になった本を電子書籍化 オンライン書店「絶版堂」

印刷

   ウェブサービスの企画・開発会社「一騎」は2010年8月、絶版となった書籍を電子データ化して販売するオンライン書店「絶版堂」をオープンする予定だ。

   絶版となった書籍の著作者から販売委託を受け、PDF形式にデジタル化したデータを販売。著作者には販売価格から決済費用を引いた金額の65%が支払われる。また、著作者の紹介者に販売価格の10%を支払う紹介制度も設ける。

   現在はプレオープン中で、販売委託の受け付けのみ行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中