横田滋さん「特別新しいことなかった」 金賢姫元工作員と面会で

印刷

   拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父滋さん(77)と母早紀江さん(74)が2010年7月21日夜、金賢姫元北朝鮮工作員(48)と初めて面会した。滋さんは、翌7月22日朝の記者会見で

「これまで聞いていたこととほとんど同じで、特別新しいことはなかった」

と述べた。金元工作員は、めぐみさんに1回だけ会ったといい、めぐみさんの印象について「素直で物静かな感じだった」などと語ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中