ヤフーとグーグルの提携を批判 マイクロソフト

印刷

   米マイクロソフト(MS)は、2010年7月27日に日本のヤフーと米グーグルが検索エンジンと検索連動型広告配信システムで提携したことについて、幹部が反対の姿勢を見せた。

   マイクロソフトのデーブ・ハイナー副社長兼次席法務顧問は、ブログで2社の提携に触れ、「日本での検索市場や有料広告の競争を排除し、グーグルが日本の検索とネット広告をほぼ完全にコントロールすることになる」と懸念を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中