猛暑の中、「ヒートテック」が店頭に

印刷

   ユニクロは、発熱保温肌着「ヒートテック」の発売を2010年8月16日から始めた。メンズのクルーネック半袖Tシャツ990円。タイツ1500円。レディスのキャミソールが990 円。Uネック8分袖Tシャツ1500円、など。

   「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが同日発表した。始めて売り出した昨シーズンは全世界で5000万枚売れ、品薄になるほどの人気だったため、今シーズンは販売計画を7000万枚に増やした。

   「ヒートテック」は、体から出る水蒸気を繊維が吸着し素材自体を発熱させる。発生した熱を外に逃がさず、保温効果を発揮する素材になっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中