甲子園の土 グラウンド以外での利用はお断り

印刷

   甲子園球場のグラウンド管理などを行っている阪神園芸(兵庫県西宮市)は2010年8月から、同球場と同じ配合の土「グラウンドキーパーの土」を1袋15リットル2310円で発売していたが、高校野球ファンからの注文や問い合わせが殺到したため、急きょ一般への販売を中止した。

   土は鹿児島や鳥取県産の黒土と白砂を絶妙なバランスで配合してあり、水持ち・水はけがともによいのが特徴。同社はこれまで、全国の野球関係者を対象にトン単位で販売していたが、雨で流されるなど土が不足した箇所への補充用に小口販売を始めた。

   担当者は「小石が混入しておらず、思い切りスライディングできるように作った土です。観賞用ではなく、ぜひ本来の目的であるグラウンドで使ってほしい」と話している。 現在、「10袋以上、転売目的のご購入はお断り」という制限を設け、野球関係者に限って販売を継続している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中