1日4回富士山登頂 米軍兵士たちの「無謀」挑戦

印刷

   富士山に登った登山者が2010年8月28日、過去30年でもっとも多い25万人を超え、一種のブームになっている。山梨県側から6合目で登山者を24時間体制でカウントしている富士山安全指導センターによると、8月31日午後2時の時点で25万8000人の登山者を記録した。

   そんな中、24時間以内に4回富士山に登るという「無謀」な挑戦をするアメリカ人たちがいる。

たった2時間半で山頂目指す

果たして挑戦はうまくいのか。
果たして挑戦はうまくいのか。

   「4 in 24 Fuji Challenge」と名付けられ、米海軍横須賀基地にある第7潜水艦群に所属するデイビッド・ビームさんが、同じ基地に勤務する3人の仲間たちと実行する。

   予定では9月4日午前3時に、最も一般的な登山道「河口湖口ルート」の5合目(標高2305m)に入り、3時半から第1回の登頂を始める。メンバーたちは、(1)5合目から山頂まで平均2時間半をかけて登り、(2)約10分の休憩、(3)約1時間20分で5合目まで下山、(4)30~45分休憩をしたら再び山頂に向かう、という時間配分を目標にしながら、徐々にペースを落としていく。

   ちなみに、やまなし観光推進機構が運営している「富士の国やまなし観光ネット」の情報によると、同ルートの所要時間は山小屋での休憩を挟みながら、登り約6時間、下り約3時間20分としている。単純計算すると普通の人の2.4倍のスピードで登ることになる。

   富士登山を甘く見ているのではなく、チャレンジに向けて過酷なトレーニングを積んできた。まず、決心を固めた1年前から「クロスフィット」という、特殊部隊でも採用される体力・持久力・敏しょう性などを総合的に鍛えるトレーニングを始めた。5月からは舗装された道ではなく野山を駆け巡る「トレイルラン」をメニューに加えた。さらに7月に富士山が登山シーズンに入ってからは、一般登山者のボランティアガイドとして、2カ月で12回も登頂を果たした。

負傷兵士支援するチャリティーも行う

   実は、過去にも横須賀基地に勤務する米軍兵士たちが「4 in 24」、一日4回登頂を成し遂げている。挑戦が始まったのは2007年。2人が24時間以内に3回の登頂を目指して成功した。翌08年には今と同じ4回に目標を高く設定した上で5人が挑戦し、21時間59分で成し遂げた。ところが09年はメンバーが1人に減少。さらに天候不良の影響で目標達成とはならなかった。10年は過去3年で挑戦したメンバーが全員帰国し、計画自体が頓挫しかけたが、「この伝統をなくしてはならない」と、09年の挑戦者の親友だったビームさんが立ち上がり仲間を集めた。今回はチーム全員が初参加だ。

   挑戦の模様はホームページ(http://fujicharity.com/)で報告される。また毎年、挑戦者たちがチャリティーを呼びかけており、ビームさんは1万ドルを目指している。8月30日夜の時点で3600ドルが集まったという。集まった募金は、イラクやアフガニスタンで負傷した米軍兵士たちを支援するNPOへ贈る。

   ビームさんに不安はないか聞いたところ、「一番の不安は睡魔との闘いだ」と答えた。また、妻のジェニファーさんは、体力的に過酷なこの挑戦について、「どうかしている」とあきれ顔だが、趣旨には賛同し全員の無事と成功を祈っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中