サムスン電子も「タブレット端末」 競争ますます激しく

印刷

   韓国サムスン電子は、ドイツ・ベルリンで現地時間2010年9月3日に開幕するエレクトロニクス製品の国際見本市「IFA 2010」に先立って9月2日に開かれた記者発表の席で、タブレット型の多機能情報端末「ギャラクシータブ(GALAXY Tab)」を発表した。

   基本ソフト(OS)には、米グーグルが開発した「アンドロイド(Android)」を採用。7インチの液晶タッチ画面で、ビデオ通話や電子書籍リーダーの機能も備える。サムスンがタブレット端末を発売するのは初めて。

   米アップルが2010年5月に「アイパッド(iPad)」を発売して以来、世界の電機メーカーは続々とタブレット情報端末の開発に乗り出している。東芝は、サムスン電子と同じく「IFA2010」で9月2日、10.7インチのタッチパネルを搭載した「フォリオ100(FOLIO 100)」を発表。2010年10月から欧州で発売することを明らかにした。米パソコン大手のデルも8月、画面サイズ5インチとやや小型のタブレット端末「ストリーク(Streak)」を米国で発売している。今後も参入してくるメーカーは増えると予想され、競争が激化しそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中