強制わいせつ致傷に女性宅侵入… 沖縄の米兵犯罪8月も相次ぐ

印刷

   米軍専用基地が集中する沖縄県では、今も米兵による強制わいせつなどの事件が相次いでいる。県民たちは、いまだ揺れる「普天間移設」だけではない基地問題の現実と日々向き合っている。

   沖縄県議会の米軍基地関係特別委員会のメンバーら9人は2010年9月2日、沖縄防衛局や在日米軍沖縄調整事務所などを訪れ、8月に起きた米兵による事件に抗議した。

6月に再発防止策まとめたばかりなのに

沖縄県で米兵による強制わいせつ致傷事件が起きた
沖縄県で米兵による強制わいせつ致傷事件が起きた

   沖縄県基地対策課によると、8月は米兵らによる刑法犯事件が4件も起きた。4日未明には、3等軍曹が那覇市内の住居に侵入し、20代女性の口をふさいで胸を触り、頭などにけがをさせたとされる強制わいせつ致傷・住居侵入事件があった。8日未明には、那覇市内の女性(29)宅へ住居侵入した1等軍曹が現行犯逮捕された。

   また、ほかにバーでの盗みなど2件の窃盗事件もあった。刑法犯事件以外にも、酒気帯び運転の疑いで米兵が現行犯逮捕されてもいる。

   怒っているのは県議会だけではない。県庁や那覇市議会、市民団体も在沖縄米軍などに対して抗議の声を挙げている。県も8月4日と9日に、知事公室長や基地対策課長らが、在日米軍沖縄地域調整官らに口頭で再発防止などを強く要請した。

   実は、在沖縄米軍は2010年6月に「再発防止・改善策」を示したばかりだ。3月に飲酒・当て逃げ事件や公務執行妨害事件などが相次いだため批判の声が挙がったのを受けた措置だった。改善策の中身は、0時から朝までの基地外のバーなどへの出入り禁止や米軍が行うパトロールの区域拡大、教育の徹底などだ。

   改善策提示から2か月もたたない内に事件が続発したことで、「県民の怒りが増幅されている」(沖縄県庁関係者)というわけだ。しかも、今回は強制わいせつ致傷という「重大な」犯罪まで起きている。

強姦事件など公になるのは5分の1程度?

   沖縄県が公表している資料によると、「米軍構成員等」による「犯罪検挙」件数は、昨09年は50件、08年は70件、07年は63件などとなっている。例年、「窃盗」が多いが、「凶悪犯」事件も毎年起きており、08年2月には、米兵による女子中学生暴行事件も起きている。

   10年8月の「強制わいせつ致傷」事件を受け、米国総領事館を訪れ抗議した市民団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」(共同代表、高里鈴代、糸数慶子)によると、強姦事件などは親告罪で、訴え出ることができない女性も多いため、「統計上表に出てくるのは5分の1程度ではないか」との見方もあるという。

   同会は、1995年に起きた米兵3人による小学生女児への婦女暴行事件をきっかけに発足した。同会へは性犯罪被害女性からの相談もある。中には、バーなどで「こちらが英語は分からないと思っているのか、米兵たちが『帰国する前に2、3人レイプしとかないと沖縄に来た意味がない』などと話しているのを聞いた。何とかならないか」という訴えがあったこともあるそうだ。

   現在、民主党代表選が9月14日の投開票に向け進行中だ。候補者の小沢一郎・前幹事長が、普天間基地(沖縄県宜野湾市)移設問題について、米国と再協議する必要性を訴えている。一方で、菅直人首相を支持している前原誠司・国土交通相は「具体論なく言うと『鳩山(前首相)さんが苦しんだのは何だったんだ』となる」と苦言を呈するなど党内は迷走気味だ。

   普天間移設問題だけではなく、在沖縄海兵隊のグアム移転も大幅に遅れる見込みとなっている。「行動する女たちの会」事務局では、「基地がある限りこうした事件は起こり続ける。基地撤退を求めていく」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中