GPS補完衛星「みちびき」 打ち上げ成功

印刷

   宇宙航空研究開発機構と三菱重工業が2010年9月11日20時17分、準天頂衛星「みちびき」を種子島宇宙センターからH2Aロケット18号機で打ち上げた。「みちびき」は約28分後に分離。予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。

   「みちびき」は米国のGPS(全地球測位システム)を補完して精度を上げるのを目的とした測位衛星。日本の真上を飛びながら、ビルや山などの影響でGPSの電波が届きにくい地域の受信障害を解消する。測位誤差も現在の10メートル前後から1メートル以内に縮まるとされている。

   ただ、「みちびき」が日本上空にいるのは1日8時間だけ。24時間体制で運用するには最低3機が必要とされるが、2号機以降は未定で、政府は今後財源などを考慮しながら11年夏までに続行の可否を決定するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中