激ヤセ、別人の田代容疑者 「帰ってこい」エール、踏みにじる

印刷

   コカイン所持で現行犯逮捕されたタレントの田代まさし容疑者(54)は、頬がこけて憔悴し切っており、まるで別人だった。近くにいた関係者は、「おかしい様子はなかった」というが、なぜ再三過ちを繰り返すのか。

「おとといメールをもらったばかりなんですよ。もうちょっと、信じられないというか…」

「神」と呼ばれたネット上でも、冷ややかな声

大丈夫と豪語していたが…
大丈夫と豪語していたが…

   田代まさし容疑者の応援本を出版したリーダーズノートの木村浩一郎編集長(49)は、こう言葉を詰まらせた。

   メールでは、田代容疑者から「一緒に食事に行きませんか」とあり、木村編集長は、「いいですね」と返信した。その後、木村編集長の身内に不幸があったときも、葬式に花を出して、心配してくれたともいう。

   スポーツ紙各紙によると、田代容疑者は2010年9月16日未明、横浜の赤レンガパーク駐車場に駐めた車の中で、粉末状コカインが入ったポリ袋2つを持っているところを警察に見つかった。車の助手席にいた知り合いの美容院経営、荒井千恵子容疑者(50)も、覚せい剤所持の現行犯で逮捕されている。

   田代容疑者は、薬物使用やのぞきで過去に3回の逮捕歴がある。08年6月に出所してから、CS放送やネット動画、トークイベントに出演するなどしており、本格的な芸能界復帰を目指している矢先だった。

   不祥事のネタをいつも提供することから、2ちゃんねるなどネット上では、「神」と呼ぶ向きもある。しかし、4度目ともあって、今回は冷ややかな書き込みも多いようだ。

   別人のような田代容疑者について、木村編集長は、「おかしい様子はありませんでした」と話す。頬がこけているが、胆石の手術を受けたためにやせたのだという。薄くなっている髪については、いつも帽子を被っていたため、あまり気づかなかったとしている。

「手術のときに、尿検査もしましたが、特に薬物反応は出ませんでした。クスリをやっているとは思いたくないので、『もうちょっと食べた方がいい』とアドバイスはしていました。何かの間違いではないか、と思いたいぐらいです」

出版1か月余の応援本も絶版に…

   一緒にいた荒井千恵子容疑者については、木村浩一郎編集長は、会ったことはあるとしながらも、交際などについては「全然知りません」と言う。

「田代さんとは、どんな番組やステージでの出演でも、いつも一緒にいました。とても丁寧な応対が印象的な方で、田代さんの面倒を長く見ていたようですね」

   報道によると、田代まさし容疑者は、荒井容疑者と数年前に知り合ったという。逮捕されたときはデート中で、将来の仕事の話などをしていたと供述している。コカインについては、田代容疑者は、3か月半前に知り合ったDJから買ったと言う一方、荒井容疑者は、自分が渡したとしており、言い分が食い違っている。

   木村編集長が手がけた応援本「帰ってこいマーシー」には、約70人もの著名人や1000人を超えるファンから復帰へのエールが寄せられている。出版されて1か月余にもかかわらず、田代容疑者は、その思いを踏みにじる結果になった。

「声掛けした皆さんには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。度々事件を起こしても、田代さんは、気遣いのできる繊細でいい人に変わらず、ファンも離れませんでした。甘いと言われるかもしれませんが、みんな信じていたので、本人になぜなのか聞きたいです。悔しいというか、ただただ信じられない思いです」

   応援本については、1万部を超えて書店から注文も来ていたが、逮捕後は撤去の話も来ているという。

「現在検討しているところですが、絶版になるしかないでしょうね。芸能界復帰も難しいと思います」。

   面会して本人の口から事実関係を聞きたいとし、今後の接し方については、「寝耳に水ですので、全然分かりません」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中