橋下知事、弁護士業務停止2か月 大阪弁護士会が処分

印刷

   弁護士の橋下徹大阪府知事に対し、大阪弁護士会は2010年9月17日、2か月の業務停止処分を下した。橋下氏が知事就任前の07年、山口県光市の母子殺害事件の弁護団への懲戒請求をテレビ番組で呼びかけたことが「弁護活動に対する不快感をあおった」行為などにあたると判断された。同年、学者らが橋下氏への懲戒を請求していた。橋下氏が代表を務める法律事務所によると「知事就任以降は、公務優先で弁護士活動は休業状態」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中