長谷川洋三の産業ウォッチ
パナソニック大坪社長のリスク管理:レアアース代替材料開発は時間との戦い

印刷
「ビジネスでは、目に見えないリスクをたえず意識する必要がある。しかしグローバル時代のビジネスは、国を超えて行われるのだから、どちらの政府も双方のビジネスが互いに関連していることをよく考えて政策を決めて欲しい」

   パナソニックの大坪文雄社長は2010年9月27日、東京都内で開いたマスコミ懇親会でこう強調し、中国政府が沖縄・尖閣諸島沖の衝突事件を機に対日貿易規制を強化する動きに出ていることについて冷静な対応を求めた。

「今のところ品不足など、緊迫した状況にはない」

   当面注目されているのは、中国が世界生産量の約97%を占めると言うレアアース(希土類)の対日輸出規制。ネオジムなどのレアアースは高性能磁石に不可欠でハイブリッドカーや省エネ家電などのモーターに幅広く使われている。

   「今のところ品不足など、緊迫した状況にはないが、手に入らない状況が長期化するようなら、価格高騰などの懸念がある。代替材料開発は着実に進めるが、ある程度の時間はかかるだろうから、時間との戦いが心配だ」という。

   パナソニックにとって中国は重要な家電市場。しかし最近ではパナソニックグループの工場も労働争議に巻きこまれるなど、リスクも同時に経験している。そこに新たに輸出規制のリスクが忍び寄っている。「中国は日本とは社会システムが違うことを意識する必要がある。ビジネスでは目に見えないリスクが一番怖い。両国政府とも何が起きているのか、よく見える形で解決に道筋をつけて欲しい」と強調している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中