女子中生が男子便器を「素手」で掃除 「人権侵害では」とネットで大騒ぎ

印刷

   男子トイレ内の便器を女子中学生が「素手」で掃除している写真を巡って大騒ぎが起きている。トイレ掃除をすることによって生徒達の心を磨くことができる、ということだが、写真を見た人から「これって虐待にならないか?」「感染症のリスク高すぎるだろ」といった批判が出て、大量にネットの掲示板やブログに書き込まれる事態になっている。

   この写真は河北新報が2010年10月18日に電子版に掲載した。写真には「汚れがこびりついた便器を素手で磨く生徒ら」という説明が付いていて、体操着姿の女子中学生数人が腕まくりをし、男子便所の小便器の中に手を突っ込んで掃除している様子が写されている。

「臭すぎ」「汚い」と最初は悲鳴を上げた

   河北新報の記事によれば、このトイレ掃除は2010年10月16日に宮城県の坂元中学校で実施した。参加したのは生徒と教員、保護者の105人。校内にある18カ所計87個の便器をスポンジなどの清掃用具を使って素手で丁寧に磨いた。生徒らは「臭すぎ」「汚い」と初めは悲鳴を上げたが、最後は満足そうな笑顔を見せた、という。この掃除を主催したのは坂元中のPTA。トイレ掃除を通じ、謙虚な人になる、感動の心をはぐくむ、感謝の心が芽生えることを願っての実施だった。

   しかし、女子中学生が男子トイレを「素手」で掃除する写真が公開されるとネットでは、

「やる事は悪くないが、素手はねーよwww感染って言葉の意味知ってるのか?」
「どう考えても人権侵害だろ」
「男子便所の掃除を女子にやらせんなよ。常識ねえのか」

などの批判の書き込みが大量に出て騒然となった。

   どうしてこのようなトイレ掃除になったのか。坂元中によると、トイレ掃除を推奨するNPO法人「日本を美しくする会 掃除に学ぶ会」の勉強会に同校のPTA関係者が参加したのがきっかけ。感銘を受け、トイレ掃除をしたいと提案してきた。

   このNPO法人が推し進めるトイレ掃除は各地の学校で行われている。村井嘉浩宮城県知事も県内の学校でトイレ掃除に参加したというニュースを知り、実施に踏み切った。

   男女混合も含め数人単位のグループ分けをして一斉に校内のトイレ掃除を始めた。どのグループがどこのトイレを掃除するかはランダムにしたために、男子トイレを担当することになった女子生徒もいた、という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中