ダルビッシュ妻は「悪妻」だったのか 離婚騒動、「夫の夜遊び」から一転

印刷

   「何で俺だけ悪いみたいなってんねん」―――この叫びが影響したのか。日本ハムのダルビッシュ有投手(24)と妻の紗栄子(23)さんの離婚騒動。当初は有投手の夜遊び等が原因としていた週刊誌報道が一転、今度は「原因は紗栄子」と報じるようになった。

   プロ野球選手の妻といえば、主婦として夫の健康管理や家事、育児を優先するイメージがあるが、報道ではそのイメージと遠い姿が描かれている。一体真相はどこにあるのか。

有投手「健康管理のため」合宿所で寝泊まり

「離婚騒動の原因が一転、『紗栄子』と報じた週刊誌」
「離婚騒動の原因が一転、『紗栄子』と報じた週刊誌」

   2人の離婚説が出るようになったのは2010年9月頃から。紗栄子さんは同月28日と29日に家庭の中で何かが起きていると思わせる内容のブログを書いた。29日のブログには

「まだ私は話すタイミングではないと思うから。それでも私は応援してくれる人に、愛してくれる人に、嘘をついたり騙したり、絶対にしない」

   そして、「何らかのタイミングで、皆さんにお知らせすることになる」のだという。

   夕刊紙や週刊誌は「2人の関係は、すでに修復不可能なところまでいっていて、離婚の準備を進めている」として、その原因を追及。初めは有投手が連日のようにススキノで遊び歩き家庭を顧みないことが原因などと報じていた。

   そうした中、有投手は11月4日、ツイッターで

   「何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう」と怒りのつぶやきを残した。ここから報道に変化が生まれる。

   「離婚騒動の原因は紗栄子だ」という内容の記事を掲載したのが週刊誌の「週刊女性」と「女性自身」。いずれも2010年11月23日号。ともに紗栄子夫人の「悪妻」ぶりを報じている。週刊女性」によれば、有投手は紗栄子さんに対し生活・健康管理など野球選手の妻として行動して欲しいと頼み、紗栄子さんも承諾したはずが、フタを開けると新しく立ち上げた仕事に熱心で家を空けることも多いという。

   このため、有投手は自分の健康管理のためにやむなく、

「栄養管理が行き届いた合宿所で食事、寝泊まりをするようになっていった」

のだそうだ。これが「別居」の原因であり、ススキノを飲み歩くのも女遊びではなく、合宿所の後輩の面倒を見るようになり、飲みに連れて行っただけとしている。

「都内で深夜のデート」?

   さらに2誌とも紗栄子さんの「浮気疑惑」を報じている。真偽は不明だが、「女性自身」は、「年下イケメンと深夜デート」という見出しを掲げ、有投手が試合のために北海道にいたとき、紗栄子さんは都内で男性と会っていた。数時間も一緒に飲食街などで過ごした後、2人はタクシーに乗り「深夜の街へと消えていった」としている。「女性自身」は、11月11日は2人の3度目の結婚記念日になるが、

「夫婦はその日を笑顔で迎えることは、もうできない」

と結んでいる。

   本当に紗栄子さんはこの報道のような「悪妻で、2人はやはり離婚」してしまうのだろうか。2人の所属事務所があるエイベックス・グループ・ホールディングスに問い合わせてみたが、担当者は全て離席しているということで回答は得られなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中