「尖閣事故で海保職員死亡」説 なかなか消えない本当の理由

印刷

   沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船との衝突事故に絡み、「海上保安庁職員が海に投げ出され、モリで突かれるなどして死亡した」とのうわさがインターネット上で何度となく浮上する。国会答弁で明確に否定された内容だが、現政権への不信感の高さからか「うわさ」は、なかなか消えないようだ。

   「尖閣諸島沖の中国漁船衝突事故で、海上保安庁の職員に二名の殉職者が出ていると…」「真実なんでしょうか?」――2010年11月8日、人気ネットサイト、ヤフーの「知恵袋」欄にこんな質問が投稿された。

「モリに突かれて…」

憶測を呼ぶ「尖閣ビデオ」の全貌は?
憶測を呼ぶ「尖閣ビデオ」の全貌は?

   質問への回答は、「もし事実なら隠し通せると思いますか?」と、デマであるとの指摘もある一方、「海外メディアが(死亡を)報じた」「死亡者の名前も報じられている」などとして「死亡は真実でしょう」との声も寄せられている。大手メディアなどが報じないことについては、情報規制が行われていると心配する向きもある。もっとも、質問者は「真実だとしたら大変な事」としつつ、「デマだとしたら、どの様な目的を(略)」とも尋ねている。

   「死亡説」に関する質問は、11月6日や10月末などこれまでに何度も寄せられている。同欄以外にも、尖閣関連の各種ネットニュースのコメント欄へ「死亡説」に関する話題が相当数、書き込まれている。「2人死亡」「海に投げ出されスクリューに巻き込まれ1人即死、さらに銛(モリ)に突かれた職員が11月上旬に死亡」――などの内容だ。一方、「デマだ」「海外ニュースを自動翻訳した際の誤訳がもとになった誤解」などの指摘もある。

   「モリに突かれて…」の話題の発端は、テレビ番組での石原慎太郎・東京都知事発言だ。「新報道2001」(フジテレビ系、10月24日放送)の尖閣問題に関する討論の中で、石原知事はこう述べた。

「政府の関係者だったけどね、『側聞ですが』って聞きましたが、日本の巡視艇(船)の乗員が落ちたのを、何かのはずみに、中国の漁船(の船員が)、モリで突いてるんだってね。『側聞ですが』って言ったけど、数人の人から聞いた」「魚じゃないんだから、マグロじゃないんだから、ウソか本当か分かりませんが」

海保長官「そのような事実はございません」

   石原発言については10月29日、衆院法務委員会で、自民党の稲田朋美議員が取り上げ質問している。鈴木久泰・海上保安庁長官は「そのような事実はございません」と答えた。さらに今回の事件の中国船船長の逮捕容疑が、船をぶつけてきた公務執行妨害だったと指摘し、海に突き落とされたりモリで突かれたり、ということが本当にあれば「逮捕容疑に加えるはずですので」と続けた。

   あらためて、海上保安庁の政策評価広報室に中国漁船衝突事件について聞いてみた。「海保職員が海に投げ出されたことも、モリに突かれたことも、職員が死亡した、ということも、いずれもありません」と完全否定だった。

   沖縄の石垣海上保安部の広報担当者にもきくと、同じ完全否定の答えが返ってきた。「箝口令が敷かれている、との声もある」と質問すると、「いやあ、狭いところなので、(職員死亡などが)事実ならすぐに知れ渡ってしまうと思います」とのことだった。

   一方、関係者から映像などに関する話も聞いているという石垣市の仲間均市議によると、「海への転落、モリで突かれる、職員の死亡、これはいずれも本当ではありません」という。しかし、「中国船を停船させた後、海保職員が棒で叩かれるなどの抵抗を受けた場面が映っているはずだが、この場面はネット流出映像にも出ていない」と話す。仲間市議は、「中国側が抵抗する場面も含め、広く国民に公開するべきだ」と訴えている。

   国会では11月8日、衆院予算委所属の全国会議員に対し、6分50秒に編集された衝突映像が改めて公開された。ネットに流出した「尖閣映像」は計約44分間で、「元の映像」は2時間超あるとみられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中