反社会勢力に不当要求された企業14% 警視庁など調査

印刷

   警察庁が日弁連などと合同で企業調査した結果、暴力団などの反社会勢力による不当要求を過去5年以内に受けた企業が14.0%にのぼることがわかった。そのうち約2割は要求に応じ、中には1000万円以上を提供した企業もあったという。

   調査は2010年7月から8月にかけて行われた。全国の1万1815の会社や団体に調査書を発送し3469社から回答があった。過去5年以内に不当要求を受けたのは485社で、106社が金を払うなど要求に応じた。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中