尖閣沖に中国漁業監視船2隻

印刷

   沖縄・尖閣諸島の魚釣島の接続水域内で2010年11月20日朝、中国の漁業監視船2隻が航行しているのを海上保安庁が発見した。同庁の巡視船や航空機が領海に侵入しないよう無線で呼びかけ、警戒を続けている。中国の漁業監視船が尖閣諸島の近海に姿を見せるのは10月24日以来のこと。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中