IT転職市場は急速に好転 即戦力エンジニア「奪い合い」

印刷

   転職者の求人市場に薄日が差し込んできたようだ。中でもIT、インターネット関連は、2010年春から求人が増え始め、倍率が1倍を超えた後も順調に伸びている。

   業績好調なSNS企業が、即戦力となるエンジニアを大勢求めていることが背景にあると見られる。だが、スキルの高いエンジニアの数は元々限られており、各社とも少しでも多くの人材を確保しようと躍起になっているようだ。

業績好調SNS企業が採用に積極的

ソーシャルゲームのヒットで技術者の採用拡大
ソーシャルゲームのヒットで技術者の採用拡大

   人材紹介や求人情報サービスのインテリジェンスが2010年10月27日に発表した、10年7~9月の転職求人倍率を見ると、10年9月はIT・通信・インターネット関連が1.18倍と、メディカル関連に次いで2番目に高い数字となった。09年7月の0.90倍を底に、ほぼ一貫して右肩上がりとなっている。

   採用に積極的なのは、成長著しいSNS企業だ。インテリジェンス広報部によると、10年春から、ゲームなどアプリケーションの開発エンジニアの求人が増えてきたという。「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)やグリーなど、ソーシャルゲームをヒットさせ成長著しい企業が、採用を拡大した模様だ。急速に普及が進むスマートフォン(高機能携帯電話)向けのアプリケーション開発でも、エンジニアは必要とされている。加えて夏からは、共同購入型クーポンを手がけるネット企業からの求人が急増。そのため、中には数百人単位での中途採用を行う企業も出始めた。

   ところが、元々優秀なエンジニアは少なく、簡単には見つからない。一方でSNSやクーポンサイトは競争が激しくなり、人材不足で自社の成長を止めたくない。限られた「パイ」を巡って争奪戦のような事態になっているようだ。

   インテリジェンスが紹介した人材を企業が採用した場合、採用した人の年収の35%程度が手数料としてかかるが、「最近では、手数料を50、60%にアップしてでもエンジニアを確保してほしい、との要望が企業から入るようになりました」(同社広報部)。

年収400万円が600万円にアップの例も

   採用に際して、好待遇で臨む企業も現れた。最近では、年収400万円ほどだったエンジニアに対して、600万円を提示する事例があったとインテリジェン広報は話す。条件面も、「以前なら『ここまでできない人は採用しない』言われた要望事項が、最近は緩和されてきている」という。

   欲しい人材にはカネを惜しまない、との姿勢は、絶好調のSNS企業に顕著だ。10年8月、DeNAとグリーは相次いでエンジニアの募集にあたって「準備金制度」を取り入れた。いずれも採用者に対して上限200万円を支給する「太っ腹」ぶりだが、裏返せば他社を出し抜いて何とか優れた人材を獲得したい思いが伝わってくる。DeNAは当初の予定を3か月延長して、11年1月31日まで制度の期間とした。同社広報によると「多くの方に応募していただいている」とのことで、目的の達成に手ごたえを感じていると話す。

   最近では、IT関連の派遣社員も時給がアップしているという。だが、この流れが新卒採用にまで好影響をもたらしているかは微妙だ。急成長中のIT企業が求めているのは、あくまで即戦力のエンジニア。経験豊かな人材確保に注力する一方で、有望株をたくさん採用してじっくり育てる、というわけでは、今のところないらしい。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中