空自基地も「名物カレー」 「海軍カレー」に負けるな

印刷

   横須賀、呉、佐世保などの旧海軍の基地があった都市が売り出している「海軍カレー」は、全国的に有名だ。これに対抗して、福岡県の航空自衛隊の基地で出されたカレーで町おこしをしようという試みが進んでいる。すでにレトルト食品の試食会も行われるなど、地元観光協会では「年度末にも製品化を目指したい」と意気込んでいる。

   レトルト化の計画が進んでいるのは、航空自衛隊の築城基地(福岡県築上町)で隊員向けに出されているカレーだ。

   このカレーは00年頃、海自の佐世保基地や横須賀基地で出されていたカレーに対抗する形で登場したと言われている。肉を赤ワインに1晩つけて柔らかくしたり、市販のルーにインスタントコーヒーを加えてコクを出したりしているのが特徴だ。海自と同じ金曜日のメニューとして登場し、同基地を訪れる全国の自衛隊関係者の間でも評判になったという。

   地元紙・西日本新聞が10年9月20日、連載記事でこのカレーについて取り上げたところ、築上町観光協会職員の目にとまり、この職員がカレーの市販化を発案、話がトントン拍子に進んだという。

   10月22日には、基地内で試食会が行われ、基地側が県内の食品メーカーに詳細なレシピを提供。食品メーカーは、これをレトルト食品として試作し、約1か月後の11月26日に行われた試食会では、

「おおむね、良く再現できている」
「若干甘いかも」
「後から、辛味がジワーっと効いてくる」

などといった声があり、好評だったという。

   観光協会では10年度中の発売を目指しており、町内の物産館や基地内の売店、ネット経由での販売を予定している。気になる価格については、

「あまり高くてもいけませんが、赤字を出す訳にもいきませんし…」

と、詳細は固まっていない様子だ。12月1日には、観光協会の運営委員会でカレーのネーミングや販売方針が検討される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中