東京スカイツリー、500メートル突破

印刷

   建設中の東京スカイツリーは2010年12月1日、高さ500メートルを突破した。

   スカイツリーは10月下旬、タワー本体部分の頂上である高さ497メートルに到達。デジタル放送用のアンテナなどを取り付ける鉄塔「ゲイン塔」をタワー中心の空洞から少しずつ釣り上げ、タワー上部に仮置きされた制振機械室とドッキングさせて511メートルに達した。

   スカイツリーは東武鉄道が全額出資する東武タワースカイツリーが事業主体となって、08年7月に着工。設計・管理を日建設計、施工を大林組が担当し、総事業費は約650億円と見込まれている。

   10年3月末に東京タワーの333メートルを超え、自立式電波塔として日本一の高さとなった。今後さらにゲイン塔を引き上げ、11年春にも完成時の高さ634メートルに届き、中国広東省の「広州タワー」(600メートル)を抜いて世界一となる。開業は12年春。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中