ドメイン、サーバー、送金サービス続々停止 各国政府、ウィキリークスを「兵糧攻め」?

印刷

   米国の機密文書を公開してきた内部告発サイト「ウィキリークス」をめぐる動きが活発化している。同サイトが利用しているサーバーを運営している会社が、ウィキリークスを事実上「追放」したほか、電子決済サービスも同サイトへの送金停止を発表。強姦の容疑で国際手配されている創設者のジュリアン・アサンジ氏は、生命の危険を感じていることも明らかにしている。

ドメインはスイスに移転

   一連の動きが起こったのは、2010年12月3日だ。同日正午ごろ、ウィキリークスのサイトにアクセスができなくなった。原因は、同サイトのインターネット上の住所にあたる、「wikileaks.org」というドメインを管理している米「エブリィDNS」社が、ドメインを使用できなくしたことにある。エブリィDNS社では、「同社のサイトに大量のデータを送りつけるサイバー攻撃があり、このままではサービス全体に影響が出る」などと説明。

   だが、ウィキリークス側の対応も早かった。日本時間18時頃には、ツイッター上で「wikileaks.ch」という新たなスイスのドメインでの運用を始めたことを報告している。

   さらに、ウィキリークスは、米アマゾン社のサーバーの上で運用されていたのだが、12月2日には、アマゾンから「追放」の憂き目にあっている。これは、米議会の要請の応じて行った措置だとみられるが、アマゾンは、

「ウィキリークスは、利用規約に複数の点で違反している。例えば、『利用者は、全てのコンテンツを所有・またはコントロールしていることや、コンテンツが人や組織を傷つけないことを表明・保証しなければならない』が、ウィキリークスが、この機密コンテンツを所有したり、権利をコントロールしていないことは明らかだ」

と主張。だが、ウィキリークス側は、やはりツイッター上で

「アマゾンの発表は、公の記録に残っている事実と一致しない」

と反論。その上で、サイトをスウェーデンやフランスの会社が運営するサーバーに移転した。だが、フランス政府は、国内のインターネットサービスを管轄する機関に、ウィキリークスへのサーバー提供を禁止するように要請。ウィキリークスが再び「引っ越し」を迫られる可能性もある。

アサンジ氏「巨大な権力に対抗するための警戒はしている」

   ウィキリークスにとって痛手になりそうなのが、募金手段のひとつとして活用されていた電子決済サービス「ペイパル」の利用停止だ。ペイパルは、ウィキリークスへの送金を停止した理由として、アマゾンと同様に「利用規約に違反する」と説明しているが、ウィキリークスは「米国政府の圧力によるものだ」と反発している。

   また、創設者のジュリアン・アサンジ氏は、自らに身の危険が迫っているとの認識を示した。2010年12月3日に、英ガーディアン紙の読者からの質問に応じる形で明かしたもので、「身に危険を感じますか?」との質問に対して、

「我々の生命への脅威は、公の記録に残されるべき事柄だが、巨大な権力に対抗する上で必要な程度の、適切な警戒は行っている」

と回答した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中