「クジラのために命落としてもかまわない」 「シー・シェパード」に日本人メンバーも参加

印刷

   日本の調査捕鯨活動に対して激しい妨害活動を行うことで知られている「シー・シェパード」が、まもなく南極海で始まる調査捕鯨を妨害するための準備を着々と進めている。特に今年は、新たな妨害船「ゴジラ(Gojira)」も登場するなど、態勢を強化。乗組員の中には日本人もおり、「クジラを守るための命を落としてもかまわない」などと独自の主張を展開している。

新妨害船「ゴジラ(Gojira)」も登場

   SSの日本側に対する妨害活動は激しさを増している。10年1月に、抗議船が日本の調査船「第2昭南丸」に衝突、直後に抗議船が沈没するという事故が発生。一連の抗議行動の中で、沈没した抗議船のニュージーランド国籍の船長は第2昭南丸に対して酪酸(らくさん)入りのビンを投げつけたとして身柄を拘束され、傷害など5つの罪で起訴。東京地裁で10年7月、懲役2年(執行猶予5年)の有罪判決を受けている。

   SSは、今シーズンを行われる調査捕鯨に対しても妨害活動を行うことを表明しており、新たな妨害船「ゴジラ」(Gojira)が登場した。ゴジラは全長35メートルで高速航行が可能だとされ、船体の前方部分には、映画に出てくるゴジラともトカゲともつかぬ生き物が緑色で描かれている。

   SS側の発表によると、西オーストラリアのパース近郊にあるフリーマントル港を拠点としているおり、11月末に就航。シー・シェパードがオーストラリア国籍の船を持つのは初めてだといい、就航式典では、フリーマントル市の市長が、市の紋章入りの盾と市の旗を「ゴジラ」の船長に手渡している。SSでは12月以降、「ゴジラ」を含む3隻とヘリコプターと1機で妨害活動に当りたい考えだ。

   これまで、複数の日本人がSSに関わっていることが確認されている。例えば、環境雑誌「ソトコト」10年5月号では、「マリコ」「マイ」と名乗る日本人乗務員2人が、

「盲目になっているビジネスマンと地球の奇跡の美しさを感じていない人たちの目を覚まさせるには、こういう団体があってもいいと思う」

   などとする手記を寄せた。

「日本が、世界の規約に反する行動をしている」?

   今回の妨害活動にも日本人が参加することが明らかになっている。メンバーの親川久仁子さんが日本テレビの取材に対して、

「日本が、世界の規約に反する行動をしている。日本が違法捕鯨をしている」

   と主張。記者の

「暴力でぶつかり合う様な場面がきたとしたら?それはいとわないですか?」

   という問いには、

「いとわないです。地球を守る、クジラを守るために、命を落とそうが、私は全然かまわないから」

と断言した。

   農水省では、「犯罪行為が続いて、更に犯罪行為の悪質さが強まっている」(筒井農林水産副大臣)として、海上保安官を調査捕鯨船に同乗させる方針だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中