DeNA南場社長反省の弁 公取委立ち入り検査で

印刷

   携帯ゲームサイト「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子社長は2010年12月15日、都内で開かれたゲーム開発者向けのイベントに出席し、同社が独占禁止法の疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けたことについて、「法令に反した事実があったとは思っていないが、迷惑をかけたことを反省している」と述べた。複数のメディアが報じた。

   そのうえで南場社長は、「このような疑義が二度とかからないように」必要な対策を講じたと話した模様だ。

   DeNAはゲーム開発業者に対して、同社が競合する「グリー」にゲームを提供しないよう圧力をかけた疑いがもたれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中