鳩山前首相、時効で1億3000万円免税 母親からの資金一括申告分から還付

印刷

   実母から資金提供を受けた鳩山由紀夫前首相が贈与税として納付した約6億970万円について、国税当局が2002、03年分の計約1億3000万円を時効として還付していたことが分かった。新聞各紙が2010年12月24日に報じた。

   鳩山氏は、本来納付すべき1億円を超す税金を結果的に免れた形だ。同氏は問題発覚後、02~09年に計約12億4500万円の贈与を受けていたとして、約6億970万円の贈与税を納付していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中